越後
 新潟
〜〜  伊藤農園減農薬米コシヒカリ 〜〜
農園ホームへ 注文フォーム
                伊藤農園ではあいがもとともに作る有機米コシヒカリを栽培し販売をさせてもらっています
                この有機米の面積をもっと多く栽培をと考える時、複合経営、家族経営の当園ではその
                面積に限りが出てきます。
                それならば、少しでも有機栽培同様環境への配慮、安心安全なお米の提供を考えた時
                当地の新発田地域慣行栽培と比べ5割以上節減した農薬、又同じく5割以上減らした
                肥料でのお米作り減農薬栽培米(以下減農薬米)となりました。
                下記の表は平成29年産伊藤農園コシヒカリBLの減農薬米の化学肥料(窒素成分量)及び
                農薬成分回数を示したものです。
                写真とともに平成29年産伊藤農園コシヒカリの減農薬米栽培履歴をアップ致します。
                

H29年栽培基準値                                         (10a当たり)
化学肥料
窒素成分量
農薬成分回数
新潟県新発田地域の
慣行栽培基準
6kg 17成分
3割以上低減栽培 4、2kg以内 11成分以内
5割以上低減栽培 3,0kg以内 8成分以内
伊藤農園減農薬栽培米(減農薬米) 2,82kg 6成分
伊藤農園あいがも有機米(JAS有機) 0kg 0成分
 
 ー 平成29年減農薬米栽培歴 −
      【 農作業名 】 (実施日)      【 窒素成分量、農薬成分回数等 】

 ◎  コシヒカリ種もみ入荷  (1月15日)            画像が大きくなります          
一月もまだ半ば毎年この時期には
早々と種もみが届きます。
本年もやるぞう〜と少し気合がはいります。
 ◎  湯温消毒(おんとう消毒)  (3月6日)
  
聖籠町有機栽培研究会が町内の
農家に呼びかけ実施しています。
コシヒカリの種もみを60度Cの

湯に10分浸けての消毒です。
同じくこの減農薬米も実施です。
一つでも農薬を減らしたい
 ◎  浸種(しんしゅ)  (3月21日
種は水分、温度、酸素に恵まれると
水分を吸い呼吸を始め芽を出します。
この浸種はその一番大切な種に水を
十分吸ってもらうための作業です。
昨年の反省として少し時期を
遅くしてみました
 ◎  種蒔き  (4月14日)
浸種を終了し発芽機でハト胸状態
まで芽を膨らませ家族総出の種
蒔きです。
育苗箱に肥料入(アサヒ培土)使用
 
化学窒素成分量  →0.024kg
 ◎  春耕  (5月2日
本年から米ぬか、オカラを中心に
作った伊藤農園専用ぼかし肥を
春耕前に散布です。
伊藤農園のぼかし肥散布
 化学窒素成分量  → なし
 ◎ 田植え    (5月14日)
初日は曇り空二日目減農薬米の
田植えは気温20℃の快晴です。
初期除草剤(ソルネット1k剤)使用
 
農薬成分回数  → 1
 【 成分名 】プレチラクロール 

田植え同時施肥(スーパー元肥
4号)を使用

化学窒素成分量  →2.8kg
 ◎ 除草剤散布  (5月23日から) 
中、後期に発生するしつこい多年
生雑草を退治します。
中後期除草剤(ボデーガード)使用
農薬成分回数  → 2
成分名 】 テフリルトリオン
成分名 】 フェントラザミド
   
 ◎ 穂肥散布  (1回目7月22日から) (2回目7月30日から)
稲の穂の赤ちゃんができ米粒が充実
し食味、品質、収量の安定を目的に
2回に分け施しますがその時期
散布量これがまた難しいです。
有機100%の(有機アグレット816)
を使用
 化学窒素成分量  → なし
 ◎ 病害中予防薬剤散布  (8月15日から) 
海岸線に面する聖籠町田んぼも
砂壌土系で地力が若干落ちることも
あっていもち病が心配での散布

です又、カメムシの斑点米防止の
散布も一緒に実施です。
殺虫、殺菌剤(ブラッシンジョウカー)使用
 農薬成分回数  → 3
【 成分名 】  シラフルオフエン
【 成分名 】  フエリムゾン
【 成分名 】  フサライド
 ◎ 刈り取り  (10月1日から)  
本年刈り入れ前はやや良の作柄予想
でしたが刈り入れが進に連れだんだん
下降してきて若干不作状態の模様
低温、日照不足とやっぱりお天道様
にはかなわないってことでしょうか
まずは無事刈り入れ終了しホットして
います。

 ◎ 乾燥、調整  (10月2日)
刈り入れ後乾燥機で乾燥をし籾すりを
実施し30kgの袋詰めと行程は進み
その一つ一つの行程では決して気を抜く
ことはできません。

本年 収量は落ちるも等級、美味しさともに確保できたことに満足です。
ご縁がありましたら是非ご賞味を頂ければと思っております。


            〒957−0106新潟県北蒲原郡聖籠町蓮潟2874番伊藤ゆきなり
                       TEL.FAX 0254−27−4881
                        越後新潟コシヒカリ産直 伊藤農園